FC2ブログ

      俳優・ナレーターとして活動中! 富沢たかしの日記を公開!

        富さんの”明日になれば・・・”Ⅲのナビゲーター   トップページ > 日記 > 歯医者とクチビル。。。  

      歯医者とクチビル。。。

      2006 - 09/22 [Fri] - 13:59

      今日は朝一番で2回目の歯医者。

      昨日はどうしてもちょっと飲みたかった日。
      それでも今日のことを考え、かなりセーブした。
      口を開けて、お酒臭かったらヤバイしね(^_^;)
      女医さんだし(^^)

      普段から、飲むとあまり食べなくなるけど、昨日もそんなに食べてないはず・・・・あ、馬刺し食った!・・・ニンニク臭かったらどうしよう・・・なんて事を考えながら、出かける前に念入りに歯磨き。
      鏡でチェックしながら、ふと、目に付いた。

      くちびる赤いな~・・・



      高校生の時の、雪の降る日のこと。
      寒い外に比べると、家の中は南国のような暖かさ。
      「ただいま~」
      すると母が帰ってきたオレを見て一言。
      「あんた唇真っ赤だよ。誰とキスしてきたん?」
      「・・・・・・・」

      鏡を見ながら、そんな事を思い出してしまった。
      そういや若い頃から、特に冬になると唇が赤くなる。
      と、時計を見るとそろそろ時間だ。
      いざ、歯医者へ出陣(気分は戦です^_^;)

      朝一番の歯医者は気持ちがいい。
      まだ誰も履いていないスリッパ。
      誰も読んでいない新聞。
      まだ使っていない診療器具。
      そのすがすがしい空気はそこが戦場(?)だという事を忘れさせてくれる。
      名前を呼ばれ、今日はまだ誰も座っていない死刑台に座ると、すぐに先生が来た。
      「おはようございま~す。」
      簡単な挨拶を交わし、その後の様子を報告。
      「それじゃ始めますね~。」と死刑台が横になっていく。
      {お酒の匂いはしないよな~。歯も磨いたし、鏡でチェックもしたし、大丈夫大丈夫・・・・}

      ・・・・・はっ!! くちびるが赤い!!・・・・・・先生に{こいつキスしてきたん?}って思われたらどうしよう?・・・・・助手の人も気が付いているかもしれない・・・・・・かと言って、「オレ元々くちびる赤いんですよ~」なんて事を突然言ったら、余計誤解されてしまう・・・・・・って、浮気を誤魔化す恋人どうしか! なんてツッコミをかましつつ、・・・先生が唇の赤さに気が付きませんように・・・・・・なんて事を考えていたら、あっという間に治療が終了。
      「今日は消毒とホニャララ・・・・次の時には根元のホニャララ・・・・」・・・・・・大丈夫だ!! どうやら先生は唇の赤さには気づいていないようだ!!・・・・・それどころか、「お大事に~」・・・・・・先生、ありがとう!!

      会計を済ませ、次回の予約も入れ、外に出る。

      「ああ、なんてすがすがしいんだろう!! みんな~、おはよう~!!」


      バカ丸出しの一日がこうして始まった・・・

      コメントの投稿





      管理者にだけ表示を許可する

      トラックバック

      http://tomizawatakashi.blog71.fc2.com/tb.php/42-9c070f4f

       | HOME | 

      プロフィール

      富さん

      Author:富さん
      俳優・ナレーターとして活動中!
      仕事のこと、日常のあれこれを綴ります

      2008年9月
      株式会社ALBA
      設立・移籍しました。

      LINK

      月別アーカイブ

      カテゴリー

      ブロとも申請フォーム

      ランキング

      カレンダー

      04 | 2019/05 | 06
      - - - 1 2 3 4
      5 6 7 8 9 10 11
      12 13 14 15 16 17 18
      19 20 21 22 23 24 25
      26 27 28 29 30 31 -

      最近の記事

      最近のコメント

      ブログ内検索

      富さんに直接メール

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

      World-Word-JS版翻訳

      Present's by サンエタ

      RSSフィード