FC2ブログ

      俳優・ナレーターとして活動中! 富沢たかしの日記を公開!

        富さんの”明日になれば・・・”Ⅲのナビゲーター   トップページ > 2009年04月23日  

      一ヵ月後にはスタート。。。

      2009 - 04/23 [Thu] - 03:12

      さて、こんなニュースが。


      ≪【ロンドン=大内佐紀】22日付英インデペンデント紙は1面トップで、米国人医師が14個の人間のクローン胚(はい)を作ることに成功し、このうち11個を4人の女性の子宮に移植、近くクローン人間が誕生する可能性が出てきたと伝えた。

       同紙が、キプロス生まれで米国籍のザボス医師の話として伝えたところによると、女性は英国や米国などの出身で、いずれも同医師に不妊治療の相談に来た。まだ妊娠は確認されていないというが、医師は同紙に対し、「クローン人間誕生の第1章が開かれた。いずれ、クローン人間は生まれる」と答えた。

       同医師は2004年1月にもクローン胚を女性の子宮に移植したと発表したが、妊娠には至らず、信頼性を疑問視する声も強い。≫




      安全面、倫理面でまだまだ議論が必要でしょう。
      でもひょっとしたら、その前に誕生しちゃいそうですね。

      良いんだか悪いんだか・・・・・・・



      あと1ヵ月もすれば始まる、日本の裁判員制度もそう。


      ※ここからはちょっと長くなるので、興味のある方だけどうぞ。



      ホントは制度を導入する前に、もっともっと議論しなきゃいけない事はあるだろうに。
      死刑制度だ。
      賛否両論、人それぞれ色んな意見を持っていると思うけど、
      裁判員制度を導入するなら、ちゃんと議論しなきゃいけないと思う。

      裁判員制度の対象となるのは、
      殺人や強盗致死傷、傷害致死など、ヘビーなものが主だ。
      無罪か有罪か。
      有罪ならどのような刑にするか、決めなきゃいけない。
      今の日本には死刑が存在する。
      だからもしかしたら、裁判員制度で死刑にする事だってあるかもしれない。

      でも、もし死刑制度に絶対反対してる人が裁判員の中にいたらどうだろう。

      基本的には、裁判員は公判に参加後、
      みんなで話し合い全員の意見が一致しなければならない。

      例えば、
      何人もの殺人を犯した犯人で、
      犯人も疑う余地も無いほど確実で、全員一致で有罪は確定。
      いざ刑を決定するときに・・・・・・
      現行なら死刑の判決が下されるのに、
      裁判員の中に死刑絶対反対論の人がいたら・・・・・・

      最終的には多数決で決めるらしいけど。


      誤解しないでほしいけど、死刑反対論の人がダメって言ってるんじゃない。
      死刑制度がある以上、死刑判決を下さなきゃいけない事だってあるはずだ。
      でも反対論者は周りの全員と意見が違っても、最後まで反対し続けるだろう。

      逆の事だってある。
      周りの全員が死刑を選ばず、次に重い刑とされる無期懲役を選択したのに、
      殺人を犯した人は理由の如何にかかわらず、絶対に死刑だ、
      って言う人だっているだろう。

      どちらのケースにしても、最後は多数決になる。
      言い換えれば、最初から多数決が決まってるようなもんだ。



      全員が色んな意見の可能性を持っているなら、議論を交わす意味もあるだろう。
      でも絶対に何があっても意見を変えない。
      そんな時に議論する必要があるのだろうか?


      中には、生々しい犯罪の詳細を知ったり、
      死体の写真を見たりしなきゃいけない事だってある。

      そんなこと、想像するだけで気が重くなるのに、
      実際にその場に行ったら、かなりの負担になるだろう。

      その上今度は議論で更に負担をかけて。


      そんな負担を強いられた裁判員たちのアフターフォローもハッキリしないまま、
      裁判員制度をスタートさせようとしている。

      死刑制度の議論もちゃんとしないまま。

      こんな裁判員制度を始めるのであれば、
      死刑制度についても、もっと考える、
      もっと議論される場があって然るべきじゃないでしょうか。



      文字だけで伝えて誤解されたくないので言わないけど、
      こんなオレでも死刑制度に対する意見は持ってますよ、一応。(笑)
      機会があればいずれ。



      長々と書きましたが、最後まで読んでくれてありがとう☆


      裁判員制度については↓↓
      最高裁判所HP―裁判員制度~5月21日スタート~





      ちなみにオレには裁判員候補者名簿に選ばれた通知は来ませんでした。(笑)


       | HOME | 

      プロフィール

      富さん

      Author:富さん
      俳優・ナレーターとして活動中!
      仕事のこと、日常のあれこれを綴ります

      2008年9月
      株式会社ALBA
      設立・移籍しました。

      LINK

      月別アーカイブ

      カテゴリー

      ブロとも申請フォーム

      ランキング

      カレンダー

      03 | 2009/04 | 05
      - - - 1 2 3 4
      5 6 7 8 9 10 11
      12 13 14 15 16 17 18
      19 20 21 22 23 24 25
      26 27 28 29 30 - -

      最近の記事

      最近のコメント

      ブログ内検索

      富さんに直接メール

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

      World-Word-JS版翻訳

      Present's by サンエタ

      RSSフィード